CG

コンピューターグラフィック。

最近の映画はここまで来たかという感じになって来た。

どこまで加工した映像なのか、見分けがつかない。

迫力という点では、前から比べると凄い進化だ。

今後の映画はCG無しでは考えられない。

 

アニメーションも画像が進化して綺麗になっている。

実写で見るより繊細なタッチの画像は趣がある。

 

人類の娯楽として始まった映画も無声映画の時代からここまで進化している。

これだけ映像の多様化が進んでも、映画のニーズが減らないのは重要を満たし続けているからではないだろうか?