失言大臣

内閣改造をして二日。

今回は慎重に人選をしたはずなのに...

官僚の作った書面を読むだけだとか、自分は素人だから、とか。

大臣以前に議員として如何なものかと思う。

それ以上に社会人として如何なものか。

 

麻生副総理のように、洒落っけをだそうとして失敗してしまう失言はユーモアセンスの問題だと思うが、この人は少し違うようだ。

失言自体、全体を聞けばそうではない話も一部をピックアップして違う話にしてしまうケースがある。

こんなものはマスコミの印象操作だと思う。

 

しかし江崎大臣の場合は、根本的に思想が違うと思う。

 

二世議員は地盤がしっかりしているので、えげつない金の使い方をしなくとも当選することが多いと聞く。

しかし、庶民的な感覚を欠落してしまっているようでは問題外だ。

 

非難はしているが結局は国民が選んだ事には違いはない。

一番愚かなのは誰になるのだろうか?