悲しい体質

f:id:hayamasakun:20170523170313j:plain

夏はビールだ。なんと言ってもあの一杯目が特に良い。

とは言いながら、一杯ですまないのでビールではなく発泡酒

何が一番低価格なのかを追求していったところ、イオン トップバリューのプライベートブランドが一番安いのではないかという点にたどり着いた。

それ以降、そのブランドを愛用してしている。

当初は少し物足りない味わいと感じたものが今やいつしか、慣れ親しんだ味となってしまった。

たまに頂き物で、プレミアムモルツとかエビスビールなどをいただくのだが、低価格に染まったこの身体は逆に高級品に違和感を感じてしまう。

基本的にビールなどは最初の一口は微妙な感覚の差がわかるような気がするが、大酒のみの終わり方は別に何でもいいのではと思ってしまう。

安物のビアガーデンなども時々その中身が疑わしいと思っていまうこともあるが、気付いたらそんな事忘れて飲んでいる。

そんなものなのだろう。

これから、発泡酒とビールの酒税の差が縮まってくるとのこと。

味わいのある低価格の発泡酒も税金のあおりをくって消えて行ってしまうのだろうか?

どうせ・・・

何を飲んでもすぐ慣れてしまう。

要はコスト。

悲しい体質だ。