休耕田

田植えのシーズンも終わり田には水が入っている。

秋までの間、田には緑が蓄えられる。

 

しかし、よく見てみるといかに休耕田が多い事か?

日本全国にどれだけ田んぼがあるのか知らないが休耕田の数もそれなのに数があるのだろう。

 

日本の食料自給率はかなり低くのは周知の通りだ。

しかし、あれだけ休耕田が多いのは農業政策の間違いと言えるだろう。

せっかくの土地を活かせず、放っておいて補助金が貰えるのは正しいのだろうか?

人工が減少の一途の中、ましてや食生活が米離れの中、現在の政策が正しいとは思えない。

 

水の入っていない田をみるにつけ、目先の票に囚われて明日の国作りを考えない政治家を憂ってしまう。