世界観

f:id:hayamasakun:20170411172515j:plain

年齢を重ねてから、(といってもまだまだ若造だが・・)、人それぞれ世界観が異なることはわかり始めた。

当然、育ってきた環境も違うし、価値観も異なる。

そういう人もいるんだな、ということは理解できるようになった。

以前は、無性に腹がたっていた人も、今では「そんな考えから脱却できないんだな」とも思うようになった。

決して自分が正しいという事ではない。

他人からみれば、私が逆にそんな風に思われていることもあると思う。

 

そんな中でも、暗黙の法則みたいなものはあった。

マナーとか礼儀とか常識とか呼ばれている類のものだ。

それらは、家族や仲間や先輩から教えられて学んできたものだ。

 

最近、それらの欠落を強く感じる。

マニュアル世代の人たちには、法がすべてで、つかまらなければ何をしてもいいと思っているような感じさえ受ける。

利のためなら義などかなぐり捨てる。

 

なんせ、常識などを教える場が無くなっている。

子に教えるのは教師の仕事と思う親がいて、教科書にかかれていることを機械的流しているだけの教師がいる世界になった。

 

相手を思いやる事のなくなった世界にマナーは必要なくなってくる。

こんなことで大丈夫なのかと思う。

 

しかし・・・

我々も若者のときは、大丈夫なのかと言われ続けて育った世代だ。

時代はこうして進んでいくのだろうか?