下世話な話

f:id:hayamasakun:20160927171515j:plain

先日、喫茶店でお茶を飲んでいたら、後ろの席でなにやらもめているような感じがあった。

人間、不思議なもので、そんな話は耳を大きくして、つい聞いてしまう。

なにやら、おじいさんの遺産でもめているらしくて、金の分配で議論になっているようだ。

 

泣きながら いい方をとる 形見分け

人間、死んで悲しんでいるのかと思っていたら、金の話になればつい元気になってしまう。

いわゆる現金なやつの話だ。

 

実際、ドラマでよく目にする光景だが、遭遇したのは始めてだ。

喫茶店で話をするくらいだから、家には入れたくないのだろう。

 

ついつい、よその家のドラマに気を取られ、想像を膨らませてしまった。

お金が無いのも大変だが、あるのも面倒な話かもしれない。

でも・・・

あるにこした事はない。