読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天下り

f:id:hayamasakun:20160802174042j:plain

文部科学省天下りが問題になっているようだが、天下りはなくならないと思う。

誰が無くなると真剣に思っているのだろうか?

 

政治家・・・世話になった役人のことを思えば、自分に不利益が被らない限り真剣に動くはずがない。

もちろん、当の役人は自分の利益だ。その場はしのいでも必ず元に戻る。

法律を作っても、絶対抜け穴がある。

なくすはずがない。

企業・・・同じようなことをしても水戸黄門みたいな人が出てきて、変なしがらみがなくなるのなら、変な交際費や広告費より役にたつ。

絶対、受け入れて仕事の幅を広げていくほうが得だ。

 

天下りがなくなると思っているのは、一部の理想に燃えたマスコミ担当者と、正義感の残っている国民だけだ。

決して無くなっていく事はないと思う。

 

しかし、完全に役人のその後が無くなって、役人になっても何のメリットもないところになったら、そこに優秀な人材は行くのだろうか?

政治家の多くが腑抜けになっている昨今、一部の優秀な役人たちが日本を支えてくれているから、まだ今日はこんな形ですんでいるのではないだろうか?

 

天下りをなくすのであれば、公平な形で優秀な人材を生かせる道を構築していくのも、解決策の一つではないかと思う。

無駄な施設や部署だけが作られて、まるで悪のように思われているが、真剣に考えていけばまだ足りないものはたくさんあるのではないかと感じる。