プレゼン資料

f:id:hayamasakun:20160816171513j:plain

便利な世の中になったせいで大変な話はよくしている。

今日はプレゼンの資料について。

私が会社に入社した頃は、社内用の資料は模造紙にマジックで書いて説明していた。

当事は小集団活動などといって、個別の班が机の上でワイワイ言って作っていたものだ。

 

今やプレゼント言えば、パワーポイントで資料を作ってプロジェクターで映写だ。

へんなセミナーみたいなものがあって、みんなが上級者用に細工してくるので、チンケなものを作ると恥ずかしかったりする。

時代は前に進んだと思う。

 

コピー用紙なども今や当たり前だが、昔はコピーをするともったいないと叱られたものだ。

青字のコピー機みたいなものがあって、みんなは青焼きと呼んでいた。

一般のものはそれで印刷。

高級品はゼロックス

 

青焼きは安いのだが、日光に弱くて、日の当たるところに長時間置いていると文字が消えてしまったりして大変だった。

 

もう20年もすると世の中、どのようになっているのだろうか?

どんどんSF漫画のような世界が築かれていく。