読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リサイクルの話

近くのお店に行くとペットボトルやトレーの回収など、いろんなもののリサイクルを行っている。

以外と条件があるが、うまく機能すれば良い仕組みだと思う。

資源の少ない国ならでは事だ。

 

しかし、最近、とある環境学者がリサイクルなんて何の意味もないという事を言い出した。

昔から回収されたペットボトルの利用方法がないとか噂はあったが、せっかくの仕組みだ。

コストは別枠で補填しても、この仕組みは守ってほしい。

 

リサイクルのボックスだが、ペットボトルは水洗いしてキャップは別に、そして小さく潰して入れて、と書いてある。

しかし、半分以上はそのまま投入されている。

家庭ゴミが減ればいいや、との思想か?

ルールが守られないとどこかでコストになって跳ね返って来る。

こんな事の積み重ねが、せっかくの仕組みを壊して行く気がする。

 

ビールの空き缶も嵩張らないように、きちんと踏み潰して回収ボックスに入れるようにしている。

この時は、こんなに飲んだんだなぁと少し切ない気持ちにもなる。

 

廃品回収。

いい仕組みだと思うのだが。

これからは、目に見えて自分のメリットにならないと定着して行かないのかもしれない。