糸魚川市の大火災

新潟の糸魚川市の火事がようやく鎮火した。

昨日の10時頃に発生した火災は150棟を被害に巻き込んだ。

 

この時代、消火設備も進化し、情報も早く伝達することができるようになったのに、まさかこんなに被害が大きくなるとは思わなかった。

自然の力は人間が思っているより偉大なものだ。

この乾いた強風は予想外だったようだ。

 

設備も万全ではなかったようだ。

防火用水の水がなくなってしまう事があるとは思わなかった。

 

こうした被害を踏まえて各地の備えが見直されて行くのだろうが、備えてもまた予想外の事態が起こる。

決して慢心してはいけないという事だろう。

 

被害に遭われた皆さん、これから新年を迎えるというのにお気の毒な事だ。

早急の復興を祈りたい。