停電

f:id:hayamasakun:20160906161529j:plain

先日、東京で停電があったとの報道があった。

そういえば、昔は停電なんて珍しいものではなく、時々発生していた。

懐中電灯などは必需品で、少し気象が荒れると停電は覚悟しておくのが常であった。

 

しかし電力会社のご努力なのか、いつしか停電は起こらないものになり、電気が来るのは当然の世の中になってしまった。

そうすると衣食住すべてが何からの形で電力に依存する形になり、家の中ばかりではなく、生活の根底が崩れるもととなる。

 

基本的に、依存する前に基本的な対策(電気がなくても生活できる基礎)があればいいのだが、現在の教育では火をおこすことすらできないのではないだろうか?

水道も止まり、下水道も止まる。

生活がなりたたない。

 

人間は地震などの災害があってこそ、便利であることの本質を感じ取るが平坦に生きているときはそのありがたみを感じる事はない。

場所を決めて、定期的に電気ストップの訓練などやってみてもいいのではないかとさえ思う。

 

浜村淳のラジオによると、そんな想定の映画が来春封切になるらしい。

どんな切り口で製作しているのか少し興味がある。