読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドライブレコーダー

ASKA容疑者の逮捕を受けてタクシーのドライブレコーダーの映像がテレビに公開された。

密室の詳細の内容が記録に残っているわけだ。

 

犯罪の証拠、もしくは犯罪の抑制に役にたっているのは事実だろう。

しかし、ゲス取材の週間誌や等はこのツールを見逃すはずはないだろう。

たちの悪いタクシー乗務員は、後部席の状況を確認しておいて情報を売却しないとも限らない。

 

昔は、いいわけでなんとでも言えたし、みる方も意図的にそう信じ込む事ができた。しかし、映像や画像が表にでるとそうは行かない。

 

今後、我々一般の人間も、いつ、どこで何を、誰に撮影されているかわからない。

それをどのように公開されるかもわからない。

 

困った5W1Hの時代になった。