読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲゲゲの五輪

f:id:hayamasakun:20161130154917j:plain

怖いものを見た。

現代にも妖怪はいるのだとあらためて思った。

昨日のオリンピックの競技場の話である。

おじいの妖怪とおばあの妖怪。どちらも怨念がいっぱいだ。

最後には笑って握手してたが、冬の冷機満載だ。

同じ組織に属していたとはとても思えない。

 

政治の世界なんぞ怨念と憎しみ満載の世界だ。

過去からの経緯を引きずりながら、自分の力をいかに誇示するかが大事だ。

力こそ明日の飯の種だ。

 

前の都知事も含めて、あの周りの人はオリンピックのインパクトは必要でも、オリンピックを本当に成功させようと思っているのか、疑問だ。

政治家なんぞは、下野して苦労しているときは真剣に未来を考えているのかもしれないが、己の身の安泰がわかればほとんど動かない。

 

ゲゲゲの五輪。

妖怪はまだまだ出てくると思う。

なんせ、利権がたんまりと埋まっているのだ。

喰らわずにはいられまい。