家族の存在

f:id:hayamasakun:20160711170740j:plain

 

老人が認知症と疑われるような状況下で運転をして登校途中の子供を轢いてしまった。

発作が原因と思われるような事故で、幼い子が犠牲になる。

 

事故をおこされた人は何の防御もできない。

凶器と化した物体が猛スピードで飛んでくるのだから、どうしようもない。

 

世間はすぐ法規制だとかいう言葉で逃げているが、これは国が対応を進めないといけない問題なのだろうか?

運転に適している、いないは周りにいる人間が一番よく知っているはずだ。

その人たちが歯止めをきちんとしないと、他人が制御するには限度があるのではないだろうか?

 

地方によっては車がないと、基本的な生活がなりたたないところもある。

そんなところは赤字は覚悟でバスを走らすか、優遇タクシー券を配布するなどの対応は行政の仕事だ。

しかし、身内がいるのなら買い物の世話くらい身内がきちんとしてやれそれですむ話ではないだろうか?

 

これからどんどん高齢化は進んでいく。

車の自動運転も進歩していくのだろうが、老人たちが安心して暮らせる世界は本当に築かれていくのだろうかと思う。

 

身内がフォローしてくのが一番ではないだろうか?

どうせ、若者も年をとっていく。

順繰りに回ってくる話ではないだろうか?