朝の連ドラ

f:id:hayamasakun:20160802174042j:plain

会社員なのでNHKの朝の連続ドラマはみることがない。

録画をしていれば見れるのかもしれないが、残念ながらおっさんはそこまでしてみる意欲はない。

 

どうやら半期に一度、番組が変わるようだ。

この10月が改編期にあたるようで、今度のドラマはできがどうとかネットで騒ぎになる。

似たような傾向が大河ドラマにもあって、今年は不作だとか、だれそれは数字をもっていないとか評判になる。

 

しかしNHKは公共放送であって民法と違いスポンサーはつかない。

したがって視聴率がどうであれ公共性が高いものをつくればそれでいいのではないだろうか?

大河ドラマの視聴率がさがるとNHKの徴収料金が下がるというのだろうか?

 

紅白歌合戦もそうだ。

誰がでれば数字がとれるとか言っているが、そんなものは民法に任せればいい。

昔の娯楽の少なかった時代と今日では背景が異なる。

 

連続ドラマや大河ドラマのギャラは安いらしい。

しかし出演後にはギャラは高騰しCMもどんどん来るという。

国家権力を用いた一種の操作だ。

 

NHK・・・このインターネットテレビやCS放送がこんなに普及した時代に必要なのだろうか?

誰のために必要?と聞けば、NHK職員のために必要というのが正しい解答ではなかろうか?