秋祭りの季節

秋祭りの季節だ。

あちこちで太鼓の音が聞こえる。

のぼりも、巡回路の表示もこの時期ならではの風情だ。

 

これだけ昔の風習がすたって行く中でも祭の衰退は思ったより進まない。

なんとなく地元経済と密接しているからか?

 

思えば大きな祭ほど流行っている。

地元もテレビで中継があったりで、ちょっとしたスター気取りになったりする。

年次の行事としてはちょうどいいものかもしれない。

 

そもそも、祭は娯楽の少ない昔の時代に統治者が住民のストレスを解消するために行われたものが多い。

これだけ娯楽が普及した時代にも燦然と残っているのは面白いものだ。

 

祭が終わると冬。

今年も一年が終わって行く。