読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方議会

f:id:hayamasakun:20160805145433j:plain

富山の市会議員の不祥事で辞職者が続出している。

以前、兵庫の号泣県議のことで政務調査費の問題は身にしみてわかっていると思うのだが、相変わらず似たようなことをしているようだ。

このように、ばれなければ少々の悪さをしても良いと思っている議員さんが多すぎる。

地方の議員なんかは特にそう思う。

 

今のようにネットワークが普及して色んな情報が即座に入手でき、また色んな調査で住民の声が拾える時代に、あんなにたくさんの議員なんて必要だろうか?

海外ではボランティアのような形で地方の議員が存在するという。

議員数を削減できないのであれば、構成の形を見直したらどうだろうか?

 

まだ、表にでているのはほんの一角だと思う。

東京でも、蓋をあけたらとんでもないことが露見してきた。

先日まで、とことん都知事を追及していた都議会議員の皆さんは、これから逆に攻勢をかけられることになっていくような気がする。

 

この国に地方の運営はどうなっているのだろうか?

一部の人だけが、甘いところに集まっておいしい汁を吸っているとしか思えない。

 

でも・・・

そんな人たちを生み出しているのは、普通の住人だ。

平和な国なのかも知れない。