読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通のごみ

f:id:hayamasakun:20160912154055j:plain

連日、ごみの話で申し訳ないが今日は普通のごみの話。

 

翌日に備えて、所定の袋にいれて置いていたのだが、朝起きてびっくり・・・

ゴミ袋はこなごな。中身は散乱。

二袋あって、雑草を草むしりしたものを入れていたほうは当然、無傷。

 

たぶん犯人は猫だと推理した。

一時期、荒らされて困っていたのだが、最近少しおとなしくなってきたと思った矢先にこの始末だ。

 

こればかりは用心を怠った自分が悪いので文句は言えない。

もし猫に言葉通じるのであれば、思いっきり文句を言ってやりたい気分ではあるのだが・・・

 

朝からのごみ掃除はなかなかの仕事だ。

自分の生活で出たものだが、あらためてぶちまけられたものを掃除すると実感するものがある。

 

被災地などでごみ処分のニュースが流れるが、我々普通の生活ではごみは回収されて当たり前の生活に慣れてしまっている。

決して本当の苦悩は理解できていないと思う。

ストップすると思いもよらない影響がでるのだろうが、実感として感じていない。

 

水が出て、トイレが流れて、ごみが回収されて普通に生活できているありがたみを忘れていけないと思う。

猫に教えられた一日だった。

でも、同じ手は食わないようにしよう!