読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粗大ごみ

 

f:id:hayamasakun:20160912154055j:plain

月に一度、粗大ごみの日があり、自治体から回収車が回ってくる。

粗大ごみはその日に提出することになっている。

しかし・・・

自治体の回収車より前に、個人の回収車がやってきて金目のものを積み込んでいく。

電気製品や家具など、ちょっとよさそうなものはどんどん車に乗せて行く。

 

捨てたものだから文句は言えないのだが、あまり感じのいいものではない。

個人のプライバシーもあるので、捨てるときは一度考えてから捨てなくてならない。

パソコンやハードディスクなどは、確実に粉砕されると思っていれば粗大ごみに捨てられるが、誰かが拾っていくと思えば中身を粉砕してからではないと捨てられない。

 

それなら処分場にもっていけばいいと近所の人が教えてくれたのだが、処分するのにキロ何百円かかかるらしい。

大した金額ではないが、本来ただで捨てられるものを、勝手に回収するやつが現れたから有料で捨てなくてはならいのは納得が行かない。

 

個人で回収している人も、儲かっているの以前は軽トラだったのが、2トン半のトラックにグレードアップしていた。

どんな処分の方法をしているのか非常に気になるところだ。

 

確かに捨ててあるものには非常にいいものが多い。その家庭では不要になっても他の家庭では十分に要求があると思われるものが捨ててある。

今は不用物を捨てるのがブームだから、要らないと思った瞬間に価値のあるものでも容赦なく捨てるようだ。

リサイクルショップなど増えてはいるのだが、面倒くさいのかも?

それとも回収した人がそこに売っているのかも?

 

外国では幼い子供が、ごみの中から資源を掘り当てて生活しているとニュースで報道していた。

 

日本はつくづく良い国だと思う。