電子書籍

f:id:hayamasakun:20160906161529j:plain

手元にスマホだのタブレットだのが普及すると、いろんなものが変化していく。

 

書籍・・・これらは本屋で買うより、品揃え豊富でネットで注文できる。

本屋は、じっくり見て周りついつい衝動買いで要らない本を買ってしまうのも醍醐味だが、急いでいるときはネットだ。

検索して、ボタン一つでダウンロードだ。

 

音楽・・・レコードからCDに変わったときに大きな変化の時期が来たと思ったが、今はそれ以上だ。歌はデーターで持つ時代になってしまったようだ。

 

映画・・・徐々に映画やドラマも浸透してしてきている。VHSのテープなんて希少価値が出てくるのではないだろうか?

 

こんものが普及してくると、古本屋や中古CD屋さんはどうなっていくのか心配だ。今や大手の会社が幅をきかして、昔ながらの古本屋さんなどは見なくなってしまった。しかし、その大手も売るものがなくなってきてしまうと商売はなりたたないのだと思うのだが・・・

 

そればかりではない。インターネットテレビがこんなに普及しているとは思わなかった。

懐かしいアニメから、地上波では放映できそうにないネタまで、結構、品揃え豊富に用意されている。

有料もあるが、無料で結構楽しめるから重宝する。

 

自分の部屋をふと見ると・・・

捨てられなくなった漫画本や、映画のDVD、読み終わった単行本、文庫本が乱雑に置いてある。

自分の育ってきた時代は変わろうしている。

 

電子媒体は便利だ。

しかし、ものにはものの心があるような気もする。

時代遅れの人の捨て台詞かもしれないが・・・