読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごみ当番

f:id:hayamasakun:20160824162805j:plain

今日はごみ当番の日だった。

朝の早くから、立ち通しで数時間過ごした。

今日はまだ季節がいいほうなので救われた気がするが、冬の当番などは本当に勘弁して欲しいと思う。

 

しかし、よく考えてもわからない仕組みだ。

ルールを守らずに、出してはいけないものを出したり、入れてはいけないものを入れる人がいるので全員で交替で見張りをする仕組みだ。

逆に言えば、みんながきちんとルールを守れば、こんな事はしなくてすむ行事だ。

 

一部の勝手な人のために、善良な多くの人が迷惑をこおむる仕組みということだ。

 

最近、時々そんな場面に遭遇する。

正直者だけが馬鹿をみる事はやめなくてならない。

 

ルールを守らない人が非難されず、いい思いをするのなら、それにならってルールを守らない人が増えていく。

そのうち、きちんとやる事が馬鹿になり、ルールも変わる。

 

日本人の根本とは、そうではなかったと思う。

 

ごみ当番、今日は朝から少し考えさせられる一日だった。

お天道様はみている。