何発撃てば気が済むのだろうか?

f:id:hayamasakun:20170306160331j:plain

また、ミサイルを4発も発射したようだ。

こうも何発も何発もよく撃てるものだ。

 

米韓軍事演習が行われているので、必ず何かやらかすとは思っていたが、案の定だ。

しかし、この光景何年も前からかわらない。

必ず、日本も韓国も憾の意を表明するのだが、いかんともしがたい。

数ヶ月もすれば、また撃ち込んでくる。

 

したい放題というやつか?

国連などもなんの制約もできないし、今の常任理事国の構成と拒否権の存在が組織を無力化している。

このままでは、本当に大変なことにならないか心配だ。

一部のテロリストに、武器が流れているという噂も出来てきた。

 

緊張の糸はぎりぎりのところにあるのは間違いないと思う。

 

しかし・・・

よくもそんなにミサイルを作っていたものだと感心する。

 

女子ゴルフトーナメントが始まった

日増しに春の催しが増えて行く。

初戦はゆりやんレトリィバァーが優勝した。

間違い。アンソンジュが優勝した。

 

これから秋の終わりまで、ほとんど毎週トーナメントが行われる。

土日の昼のテレビの楽しみだ。

 

せっかく日本で開催されるのだから、韓国勢ばかりではなく日本人選手にも頑張ってもらいたいものだ。

しかし、今年もシーズン終わりに成績を見てみると今年と構成は変わらないような気がする。

 

ゴルフ場は春

今日はゴルフ。

さすがに紫外線が厳しくなってきた。

日焼けの兆しがある。

 

ここ数年、スコアには恵まれないが、天候には恵まれている。

そろそろ日焼け止めの用意が必要だ。

 

今年デビューのアイアンはまだ仲良くなれないみたいだ。

このままいがみ合いを続けて、物置に放置されるパターンかもしれない。

 

春先行きに結構予定ありなので、これから親密になっていこうか。

f:id:hayamasakun:20170303172813j:plain

ひな祭り。

桃の節句だ。

 

そういえば、昼の日差しは完全に春を感じる。

これで桜の花でも咲けば気分は完全に春だ。

しかし、3月に入っても寒の戻りはあるのだろうな。

そろそろイルカのなごり雪がラジオで、これでもかと流れて、そしてキャンディーズ春一番がこれでもかと流れて春だ。

何十年も繰り返してきた光景だ。

 

昔は春眠暁を覚えず、だったが、年をとると早くに目が覚めてしまう。

こればかりは同じ光景とはいえない。

 

花粉も飛び始めたようだ。

幸い花粉症ではないので春を謳歌できるが、病をお持ちの人は気の毒だ。

 

米韓軍事演習

f:id:hayamasakun:20170302175551j:plain

米韓軍事演習が始まった。

一連の流れで米国は強気の姿勢を見せている。

悪い方向に転ばなければいいが・・・

 

悪いシナリオ。

米国の圧力に対抗して、北朝鮮が挑発を強める。

米国が攻撃の手を加える。

両トップが判断力をきちんと保てればいいが、いずれの指導者も強気が前面に押しだされすぎている。

米国も今回は真剣に軍事作戦を視野に入れているようだ。

どうなることやら・・・

 

戦争が勃発すれば、島根、鳥取など日本海側には難民が退去してやってくることは間違いない。

このご時勢で難民を追い返したりすれば国際的にどんな非難を受けるかわかったものではない。

日本もこの成り行き次第では大変な騒動に巻き込まれる事は間違いない。

 

中国は北朝鮮と同盟国なので、騒ぎが起こると何かを企てる。

ここで、かねてから自分たちの目標にしている尖閣諸島を手に入れる。

たぶん、そうなれば米国は奪還の支援をしてくれる事は無いだろう。

 

非常に緊張感漂う事態になってきたと感じる。

 

 

アイドル刺傷事件

f:id:hayamasakun:20161020175419j:plain

大学生のアイドル活動をしていた女性がファンから襲われて大怪我をした。

判決は懲役14年。でも過去の実績からして10年強で出所してくるのではないだろうか?

人を殺す手前まで追い込んでいて、10年くらいの刑務所生活。

この期間が長いのか、短いのか?

 

世間の流れからすれば、ふざけるな、との雰囲気だろうが、法律の専門家からすれば、そんなものと言う感じだろうか?

それなら裁判員裁判などやめたらいいのに・・・

 

最近はプッツンと切れれば(いまどきこのような表現は死語かもしれない)いきなり何をするかわからない連中が多い。

我々の若かりし頃は、見た目でいかつい事をする人、しない人、無理して背伸びしている人、くらいに別れて見分けもついたが、今はよくわからん。

不気味な人が増えた。

 

今回の加害者も公判中に吼えてみたり、どう考えても切れたら何をしでかすかわからない要素をしっかりと持っている。

翌日、反省の弁を述べたらしいが、弁護士に言われてやっている感が、ぷんぷんする。

 

こんなやつらを10年で戻していいのだろうか?

過去の判例は、過去の人類。

今の裁きは、現代の人類。

すこしくらい流れがあってもいのではないだろうか?

弱者は本当に弱者なんだろうか

f:id:hayamasakun:20160920172129j:plain

最近、よく思うことだが何でも先に騒いだもの勝ちのような気がしてならない。

ハラスメントという言葉が蔓延しだしてから、相手に対して過剰に配慮を配らなくてはならない時代になった。

こんな事で日本の未来は大丈夫だろうか?

 

確かに、とんでもない人がいることも確かで、それで苦しめられている人がいることも確かだ。

しかし、うまく利用して、制度に乗っかっている人が多いのも確かだ。

そんな人が多くなると、親身になって指導してくれる人がどんどん減っていく。

 

結局、文句も言わずに、こつこつ地道に働く人たちだけが損をしていくのかもしれない。

お天道様が見てくれている・・・というのはこれからは死語になるのかもしれない。