映画放送

f:id:hayamasakun:20170623161936j:plain

最近、テレビを観ていて思ったのだが地上波での映画放送が極めて少なくなったと思う。

昔は淀川長治水野晴郎などの名解説者いて、決め台詞もしっかり固定していたのだが最近は趣きが変ってきたようだ。

 

衛星放送が主流になり、民放でもそちらでも放映はよくやられているみたいだ。

直接見る人、録画で見る人、それぞれに需要はあると思う。

毎週、寅さんも放映されているようで好きな人にはいいサービスだ。

 

もっと映画好きに人には有料放送で比較的新しい作品を放映している。

レンタルビデオ屋に足を運ぶのがおっくうな人にはもってこいだ。

 

そのレンタルビデオ屋さんも、創立時の価格からは大幅にコストダウンになっている。

古い作品であれば破格の安さになっている。

 

こうして底辺がしっかり整備されてきているので地上波で放送する必要も低減したのだろう。

また、それはそれで劇場に足を向け差すいい仕組みになっているのかもしれない。

 

いやあ、映画って本当にいいものですね。

さいなら。さいなら。

 

 

いい事か悪い事か

f:id:hayamasakun:20170502173306j:plain

最近の風潮なので少し慣れてきたが今回も同じような図式だ。

週刊誌で事実が報じられ、SNS等で拡散していく。

 

今回は自民党の女性議員の話だ。

かなりのパワーで活動をされていたようで、その状況が拡散していく。

本物を目にしたわけではないので、わからないが怒声もかなりのものと報じられているようだ。

 

このような非人道的な事が戒められる事はいいことだ。

しかしこのツールが蔓延して、どこでもここでも録音・録画されて、あるときはその一部が切り取られて拡散される事は、決していいことではないと思う。

 

きれいごとのようだが、人と人のつながりはもっとあったかいものであって欲しい。

今回がそうとは言わないが、なんか腹いせみたいな感じで、こんな話が露見・拡散するのは悲しい。

 

今後、人は用心のよろいを着て本音を隠して建前のみで発言していく事になりはしないか?

録音・録画されてもいいように。

 

科学が進歩しても便利に暮らしやすくなるものとは思えなくなってきた。

疑問

 

f:id:hayamasakun:20170602163548j:plain

最近、年をとったせいか、今まで何気なく見過ごしていた事でも気になり始めた。

この間、ふと思ったのはニュースの事だ。

朝にBS日テレや読売テレビで放映されている「おはよん!」というニュース番組がある。

 

時々、BS日テレでご覧になられている方は権利映像のため、ご覧になれません・・・というテロップが流れて、数分間、音楽だけが流れる。

ほとんどが、ジャニーズや海外サッカーなので、状況は理解できる。

しかし・・・

ニュース番組で放送できないニュースがあるというのはいかがなものか?

他に方法はないものか?

 

真剣なニュースの後に星占いなどがある番組もある。

信憑性のあるものと無いものを、そんなにごちゃ混ぜで放送してもいいものか?

 

NYKで地上波でBSの番組宣伝はCMにはならないのか?

 

色々考えるときりがない。

 

そんな細かな事を言ってもしょうがないのだが、些細な事が気になるのが僕の悪いくせなもので・・・

 

選挙

f:id:hayamasakun:20160928180948j:plain

選挙がブームだ。

芸能人の選挙も何年もやっていると恒例行事になってきた。

きちんとマスコミも拾うし、時々ニュースも織り交ぜて記事になる。

これを朝のニュース系の番組で延々とやられた時ほど、日本の平和を実感するときは無い。

 

東京もアツい。

都議選を控え、何をどうするかよりも、どうやれば票になるかが露骨に表に出てくる。

議員も勝ち馬探しに必死だ。

こんなごまかしで、市場やオリンピックの方向性を総括されたのではたまったものではない。

どんな結果になるかみものだ。

ただしAKBほど盛り上がりはしないと思う。

 

流れは次の解散総選挙を見越してのことになると思う。

憲法改正の前後で解散の話がでるのは間違いない。

そのときも話を摩り替えられて、気付いたら何の選挙だったかうやむやになっているもかもしれない。

勝ったほうはそんな事はどうでもいい。

勝った事実で次の駒を進める。

 

AKBと政治、同じ選挙でも大きく違うものがある。

それは投票される方に夢を託せるかどうかの差だ。

政治家先生、選挙の前に一度、振り返りをして欲しいものだ。

折り返し

f:id:hayamasakun:20170601162659j:plain

月曜日はしんどい。

土日はすぐ過ぎるのに、月曜日は長い。

月曜日なんてなければいいのに・・・

そうしたら・・・

火曜日がしんどくなるだけか?

 

なんやかや言いながらも、今年もほぼ半年過ぎて行った。

大きな災害や、不幸なテロ、不穏な経済変動もなくほぼ半年過ぎた。

春先に植えた種は芽を出し、大きく育ち、やがて花を咲かそうとしている。

確実に時は刻まれている。平凡に・・

平凡、これが一番かもしれない。

 

今年、色々やろうと思ったことがなかなか進んでいない。

そろそろ折り返し、これからギアチェンジで頑張ろう。

 

しかし・・・

何よりこの半年も大きな病気無く過ぎたことが一番の出来事だ。

 

父の日

今日は父の日。

母の日ほどメジャーではないのは仕方ない事だろうか?

 

昔は今ほどイベントブームではなかったので、家族でひっそりとお礼をしたものだ。

今は、テレビもラジオもプレゼントはなんですか?

みたいな雰囲気だ。

これでは、半分強制みたいな感じになってくる。

 

まさしくイベントブームの策略だ。

 

その昔、お父さんは家族の大黒柱。

お父さんに感謝なんて言っていた事は嘘のようだ。

 

心からお父さんが感謝される日は再び戻ってくるのだろうか?

梅雨

梅雨なのに雨が降らない。

ゴルフの予定を入れたりしているので、晴れてくれる事はありがたい事だが、こうも降らないと不安になる。

何年か前になるが、水不足で大変な思いをした。

今年はその年の状況によく似ているらしい。

水不足は勘弁して欲しい。

節水、節水の連呼で気が重くなる。

 

日本は水がふんだんにある国だ。

それだからこそ、水の有り難みもわかりにくい国でもある。

時々、このように水不足の話が出ると思い出すのだが、喉元過ぎれば忘れて行く。

 

さて、今年、どうなっていくのか?