読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットニュース

毎週、特に予定がないかぎりサンデーモーニングは見るようにしている

番組の思想からニュース関連のコーナーは見ない。

唯一、スポーツコーナーだけを楽しみにしてみている。

 

張本さんの独特の意見が売りの番組だ。

ゲストが来ても年齢構成の関係上、厳しいツッコミを入れられる人も少なく、張本コーナーみたいなものだ。

 

番組を見ていれば、前後の流れや言葉のトーンから発言の硬軟が伝わるのだが、文字に変わるとそうは行かない。

番組終了後にはネットニュースで流れる。

ついでに記載者の意見や主観も書いてあったりするので風向きが変わる事もある。

 

これが話題になったりすると危険だ。

張本さんはそんな計算はできる人ではないだろうが、より話題性のあるように番組を作り、ネットニュースで変な拡散をされれば、実態がわからなくなってしまう。

 

番組なんてものは結局、視聴率を稼いでいいスポンサーが着いたものが勝ちだ。

コンペ

暖かくなるとゴルフの予定が増える。

今日は職場のコンペ。

同じゴルフ場に別の職場コンペもあったりで、シーズン到来を実感する。

 

ゴルフ場には気まぐれな神様がいると思う。

バンカーに入り始めると、変なキックをしてでも入る。

これが誰のところに移動すれば、自分はセーフで移動された人が大はまりする。

 

木に当たるのもそう。

ついている時と不運の差が極端に変わる。

 

好調の波もそうだ。

誰かが好調の時は、誰かが凹んで、その波は変わる。

 

メンタルな面が大きいと人は言うが、私はゴルフ場に気まぐれな女神がいると信じている。

そして、私はその女神に好かれてはいない。

スポーツ漫画

週刊少年ジャンプで、ゴルフをテーマにした作品の連載がスタートした。

少年誌でスポーツ漫画が取り上げられると競技人口が増える。

 

我々の小さい頃はスポコンブームで、巨人の星あしたのジョー、アタックNo1、エースをねらえなど名作が目白押しだった。

 

その後はキャプテン翼、タッチやメジャーなど、少し作風はソフトになったがスポーツ路線は健在だ。

どうしても野球、サッカーなどが中心であったが、近年はハイキューや黒子のバスケなど色んな競技が取り上げられるようになった。

 

ゴルフと言えば、プロゴルファー猿が有名だが、私は先日紹介したオーイとんぼがイチ押しだ。

今週から始まった作品、今後に期待だ。

また、テロ?

f:id:hayamasakun:20170302175551j:plain

英国で、またテロがあったようだ。

このようなことをいつまで続けるのだろうか?

犠牲者はいつも一般の罪の無い人たちだ。

 

日本人は遠い異国の話としか見ないが、いずれ日本にもこのテロの波は押し寄せてくる。

その時は、まだ何の備えもできておらずに、大混乱となるだろう。

日本人は、経済の先見性はそこそこはたらくのに、安全に関する先見性はまったくと言っていいほど機能していない。

 

色んなところの情報から考えるに、日本人は生前説をかなり強烈に刷り込まれているようで、自分が何かをしない限り他人は何もしないと教え込まれている。

だから整然と列に並ぶし、無礼な行為はことごとくしない。

 

世界には列に並ばない人もいれば、並ばせない人もいる。

それが普通の話だ。

 

泥棒がいないなら鍵をかける必要はないが、泥棒はいる。

 

火事が遠くから迫ってくるようであれば、それなりの備えが必要だ。

 

日本のようなこんな平和な国は世界でも少ない。

だから、いつまでも平和とは限らない。

平和なうちに備えることも必要だと思う。

 

レンタルDVD

f:id:hayamasakun:20160909181705j:plain

近所にレンタルショップが新設したせいで、最近はよくDVD鑑賞をしている。

なかなか心にしみる作品が多い。

この3連休で見た作品といえば・・・・

 

①永遠の0 

日本人としての心を揺さぶられる作品だ。特攻とテロを同等に語る若者とそれに憤慨する三浦春馬。この辺は百田尚樹の語らんと擦る世界感だ。井上真央の演技が良かった。袖を引っ張るシーンが印象に残った。

何か心に訴えられる映画だ。

 

②ビリギャル

基本的に努力を重ねて成功するサクセスストーリーは大好きだ。有村架純もいい。時間を増すごとに変わっていく主人公を上手に演じている。吉田羊さんの存在も作品を引き立てている。伊藤淳史といい、いい陣形でのキャスティングができている。ほっこり心に残る作品だ。 

 

③あやしい彼女

あまり期待せずに見たのだが、見事に作品に引き込まれてしまった。特におっさんにはたまらない映画かもしれない。単純なストーリーのはずだが、多部未華子の演技と歌声に自分の想いを引き出された感じがある。韓国版のリメーク品言う事だが、この作品を引き立てているのは多部未華子がうたっている昔の曲だ。いまでもつい「見上げてごらん 夜の星を」の鼻歌がでてしまう。いい作品だったと思う。

 

こうしてみれば日本の映画界もいい役者さんが揃っている。特に女優さんは、この3人以外にも、二階堂ふみ綾瀬はるか北川景子など、いいキャラが育っている。

 

当分、レンタルDVD三昧になそうだ。

 

寝不足に注意!

 

百条委員会

f:id:hayamasakun:20170310164653j:plain

自分の住んでいる県ではないのだが、何をしているのだろうかと逆に心配になってしまう。

都議会というところは機能していないのか?

もともと自分達が決めたことを、証人を呼んで根堀り葉堀り質問している。

今、そんなことをするくらいなら、以前にもっと突っ込んで調査しておくべきだ。

今更、誰に何を聞いても何も出てくるはずはない。

 

そもそも豊洲は築地と比べて危険なのだろうか?

こんなこをとやかくやっている間に、中国では風評被害がでて変なデマみたいなモノが横行し始めた。

 

数値が基準の100倍って報道しているが、その基準値って的確なものかどうか検証されているのか?

 

だまされてはいけない。

みんな都議会選挙を見据えてのパフォーマンスだ。

 

安全も安心も食ではなく、職だ。

議員としても職の安全、安心を目指しているにすぎない。

 

都議選がすんだら一気に事は進捗するに違いない。

 

 

お彼岸

暑さ寒さも彼岸まで、とか言うが今日がお彼岸。

今日は昼間は20度を越えていた。

確かに寒さも峠を越してきたみたいだ。

 

最近は年に数回しかお墓参りに行かないが、お彼岸のお墓参りは済ませてきた。

年に数回でも祖先を思う事も必要だ。

 

これからは飛躍的に夏に向けて季節は進む。

四季があるのはありがたい。

しかし、最近は春と秋の季節が短くなった。

 

またすぐに秋のお彼岸がやって来る。